Column

関節モビライゼーションによる鎮痛効果は中枢神経系による効果。

関節モビライゼーションによる鎮痛効果は、中枢神経系による効果。ここ 研究関節モビライゼーションによる鎮痛、自律神経系の変化、運動機能の改善は、中枢神経系によるものという結果です。このシステマテ

カフェインは片頭痛を悪化させ慢性化させる可能性!

カフェインは片頭痛を悪化させ慢性化させる可能性!カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、エナジードリンクなどに含まれていて、日常的&習慣的に摂取している方が多いと思います。

腰椎の椎間関節症と痛みとの関連性はない。

腰椎の椎間関節症と痛みとの関連性はない。椎間関節症と痛みとの関連はない、という研究があります。

筋膜系のアプローチで起きているのは皮膚層の炎症

皮膚と筋膜の摩擦胸部皮膚と筋膜の接触面の摩擦特性

カイロプラクティック亜脱臼のエビデンスはない。

カイロこのこの

天候変化と痛み増加の原因とは?

慢性的な痛みを伴う患者の苦情は、天候が変化すると増加する場合があります。痛みのアンケートに基づくいくつかの報告では、気象要因に対する痛みの感受性が評価されており、天候の変化に特に敏感であると報告されている状態は、慢性関節リウマチ(

脳卒中発症後の痛みを疾患のせいにしない

How central is central post-stroke pain? The role of afferent input in post-stroke neuropathic pain: a prospective open-label pilot study  Simon Haroutounian, Andria L. Ford,

CRPS/複合性局所疼痛症候群と遠位小径神経の損傷。

ここ CRPS-Iは、外傷後の手足の痛みと自律神経の異常で構成されており、明らかな外傷の治癒にもかかわらず継続します。症状の原因は不明であり、客観的な所見は少ないため、診断と治療が議論の余地があり、研究は困難です。CRPS-Iが永続的な最小遠位神経損傷(minimal distal nerve injury /MDNI)、特に小

関節モビライゼーションで椎間孔を広げて神経根をリリースする理論は間違い。

  こ

鍼をゴム手に刺しても得気感覚と脳の変化が起こる。

鍼とゴム手本研究は組み込まれた体の部分への鍼治療の刺激が実際の手への鍼治療の刺激の後に観察される反応に類似している脳の反応を生み出すかどうかを調査しま