Column

脳卒中後の中枢性疼痛は末梢神経が関与。

How central is central post-stroke pain? The role of afferent input in post-stroke neuropathic pain: a prospective open-label pilot study  Simon Haroutounian, Andria L. Ford,

CRPS/複合性局所疼痛症候群と遠位小径神経の損傷。

ここ CRPS-Iは、外傷後の手足の痛みと自律神経の異常で構成されており、明らかな外傷の治癒にもかかわらず継続します。症状の原因は不明であり、客観的な所見は少ないため、診断と治療が議論の余地があり、研究は困難です。CRPS-Iが永続的な最小遠位神経損傷(minimal distal nerve injury /MDNI)、特に小

関節モビライゼーションで椎間孔を広げて神経根をリリースする理論は間違い。

  こ

鍼をゴム手に刺しても得気感覚と脳の変化が起こる。

鍼とゴム手本研究は組み込まれた体の部分への鍼治療の刺激が実際の手への鍼治療の刺激の後に観察される反応に類似している脳の反応を生み出すかどうかを調査しま

ゴム手に鎮痛薬を塗布すると鎮痛が起こる?

ゴム手に対するプラセボ鎮痛こ偽の鎮痛剤がゴム手に適用されたときにプラセボ鎮痛が経験されることができるという最初のデモンストレーションを報告する。

徒手療法の鎮痛効果には神経伝達物質による下行性調節が重要。

様々な徒手療法における下行性調節の研究現在の研究は、徒手療法に対する神経生理学的反応が疼痛の臨床的に有意な減少の原因であることを示唆しています。 Mel

パーキンソン病は「腸」から起こる「脳」の疾患という可能性。

パーキンソン病は腸から起こる脳の疾患パーキンソン病は、運動調整などに問題が起こる病ですが、その原因は腸にあるのでは?という研究が多数あります。そこでまずは腸の神経と中枢神経(脳)との繋がりをみていきましょう。

TENSは腰痛に対して効果がないというエビデンスがある。

TENSは腰痛に対して効果がないというエビデンスがある。TENSは経皮的電気神経刺激ともいい、痛みのある

立位姿勢での評価は再現性が低く不必要な治療に繋がり得る。

立位姿勢は再現性が低く評価として成り立たない。評価の一つとして、立位での静止姿勢をみるという事はよくあります。しかし、その一時的な立位姿勢というのは、本当に正しい姿勢評価につながるのでしょうか?結論から言いますと、立位姿勢の評価は毎回変動し、再現性が低く、ランダムに変化すると

腰痛への効果はコアスタビリティ運動も一般的な運動も同じ。

コアスタビリティ運動も一般的な運動も腰痛に対する効果は変わらない。モーターコントロール