皮神経と末梢神経へアプローチする最新のペインサイエンスに基づく徒手療法DNM

DNM JAPAN DERMO NEURO MODULATING

痛みを痛みで消す理論は40年前の理論

  • 痛い部位を筋肉のコリだからという理由で押す、揉む。

  • 筋膜や結合組織の癒着だということで指先で筋膜を剥がす。

  • 可動域を広げるため痛いのを我慢させながら他動運動でストレッチを行う。

これらはよくあるパターンですが、痛みを新しい痛みを消しているということです。

この機序を「DNIC 広汎性侵害抑制調節」と言います。1979年に発表された理論です。

痛む部位や別の領域へ新たに痛みを生じさせることによって、ある領域の痛みを軽減する一時的な方法です。

このアプローチ4つの問題点

  1. 痛みは組織からの入力信号ではなく、脳からの出力信号。つまりDNICは根本的な解決にはならない。

  2. 侵害受容信号を新しく追加することで、痛みによる脊髄反射が強化され、持続的に起こる筋収縮を増加させてしまう。

  3. 脳の痛みの記憶が更に増加されてしまう。

  4. 実際に皮神経、毛細血管、表皮や真皮層を損傷させる恐れがある。あまりに強ければ筋組織自体を損傷してしまう。

つまり、痛みで痛みを抑えることは一時的な効果だけに終わり、さらに根本的な問題解決にならないどころか、痛みを増加させてしまいます。

痛みは組織から出ているというデカルト時代360年前の昔の考え方のままのアプローチです。

しかし、痛みは組織から脳への入力信号ではありません。脳からの出力信号なのです。

疼痛理論の歴史と詳細に関してはコチラ

結論として、痛みを痛みで消すアプローチは一時的であり、ノーシーボ効果が生まれ、痛みの記憶が脳にインプットされてしまう前時代的な方法ということになります。

ではどうすればいいのでしょうか?

その答えは「神経系」に隠されています。

疼痛を科学してリーズニング・治療を行う

カナダの理学療法士であるDiane Jacobsが、最新の神経理論と疼痛科学をベースに開発した徒手療法がDermo Neuro Modulatingです。

皮神経と末梢神経へアプローチするという、今までの常識にはなかった最新の方法です。

Diane先生は50年近くに及ぶ理学療法の経験から、筋骨格という組織ではなく脳を含めた神経系がとても大切だという事に気がつきました。

そして、触れるということは皮膚の神経へ影響を与えることだとの考えから、2005年にDNMを開発しました。

今ではカナダやアメリカを中心に、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、オーストリアなど世界15カ国へ広がり、世界の理学療法や徒手療法の次世代のスタンダードになってきています。

2015年 San Diego Pain SummitでのDiane Jacobsの講演

サンディエゴペインサミット2015にてDianeが講演した、DNMの理論についてのイントロダクションです。詳細はセミナーにて詳しくお話します。

推薦の言葉

文京学院大学 教授/副学長
医学博士
理学療法士
福井勉先生

福井勉先生

2018年の春から秋にかけてCanada、Western大学で在外研究の機会を得た。おりしもその間の5月にManitoba州Winnipegで開催されたDiane Jacobs氏本人のDermoNeuroModulating(以下DNM)のワークショップに参加した。

彼女はとてもフレンドリーで意見交換にも長時間笑顔で応じてくれた。また理学療法士としての長年の経験から有効な方法の模索をしてきたことが様々な場面で伺えた。今まで全く異なる方法で皮膚に対する治療を考えてきた自分にとっては、共通する考えが多いことにも驚かされると同時に、small worldとばかり思ってきた世の中の不思議な巡りあわせを感じた。

DNMは思っていた通り非常にソフトな治療技術であり、疼痛は全く伴わない。またゆったりとした環境下で行われることで、皮膚の有する様々な機能を引き出す力があると感じた。

近年疼痛は、慢性疼痛が与える社会的影響もあって注目されており、定義も変化してきている。侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、心理社会性疼痛などに分類されることが多いが、そのほとんどに神経が関わっている。特に器質的障害としては扱えなくなっており、その疼痛自体のとらえ方自体の変革期なのかもしれない。

その点でもDNMは神経への着目について、とても独創的であり疼痛治療に対する大きな先見性を感じた。DNMは疼痛に対して痛みを伴わない優しい治療を提供しており心地よさを感じるが、その治療は強力な武器になると考えられる。

皮膚は脳と同じ外胚葉由来であることから近年では新たな自己判断能も数多く発見されている。恐らくこの方法はこれからまだ発展していくことが予想されるが、世界の多くの治療者にも影響を与えるものと予想される。

文京学院大学 福井勉

整形外科医認定マッサージセラピスト
TEACHES DNM認定資格者
ジェイソン・エリクソン

ジェイソン・エリクソン

I am happy to see dnmJapan.jp is providing information about DermoNeuroModulating (DNM) for manual therapists. I will recommend it to everyone fluent in Japanese that want quality information about DNM!

Jason Erickson

http://healthartes.com/

ふれあい横浜ホスピタル
整形外科部長 
整形外科医
青田洋一先生

青田洋一先生

~殿皮神経への手術で有名な先生~
TV名医とつながる!たけしの家庭の医学などに出演

上殿皮神経、中殿皮神経障害に対しての新しい試みでしょうから、発展する可能性を感じます。

青田洋一

桜美林大学教授
山口創先生

山口創先生と岩吉新

人は皮膚から癒される」など著書多数

岩吉氏の施術は、DNMを基にした施術で、皮膚に軽く触れて伸ばす刺激を与えることで神経を刺激する方法です。また、岩吉さんが学んできた操体法を組み合わせ、より効果的な手技となっています。

施術を受ける前は、長年煩わされていた腰の鈍痛がありましたが、施術を受けた後は、見事に鈍痛はなくなっていました。

全身の神経全体がバランスをとるようになったのだと思います。操体法もそうですが、触れて施術した箇所だけではなく、全身の神経に刺激を与え、体が本来持つ治癒力を賦活させるからだと思います。

このような小さな力で体への負荷を最小限にしながら、大きな効果を発揮する施術は、体への負担が小さく優しい施術として、小さいお子様からお年寄りまですべての人に安心してお勧めしたい施術です。