Column

TENSは腰痛に対して効果がないというエビデンスがある。

TENSは腰痛に対して効果がないというエビデンスがある。TENSは経皮的電気神経刺激ともいい、痛みのある

立位姿勢での評価は再現性が低く不必要な治療に繋がり得る。

立位姿勢は再現性が低く評価として成り立たない。評価の一つとして、立位での静止姿勢をみるという事はよくあります。しかし、その一時的な立位姿勢というのは、本当に正しい姿勢評価につながるのでしょうか?結論から言いますと、立位姿勢の評価は毎回変動し、再現性が低く、ランダムに変化すると

腰痛への効果はコアスタビリティ運動も一般的な運動も同じ。

コアスタビリティ運動も一般的な運動も腰痛に対する効果は変わらない。モーターコントロール

骨格には個人差と左右差があるのでランドマークとして疑わしい。

スクワット動作は一般に、「理想的な」足の位置、スタンスの幅、奥行き、胴体の角度に与えられた基準を守りながら、その個人がどのように動作を実行できるかに基づいて潜在的な運動機能障害を識別するために使用される。

交差性症候群やマッスルインバランスと疼痛は関係がない。

交差性症候群やマッスルインバランスと疼痛は関係がない。

なぜセラピストは優しくなければいけないのでしょうか?

なぜセラピストは優しくなければいけないのでしょうか?セラピストは優しくなければならないと考えています。何故だと思いますか?「サービスとして?」「嫌われたくないから?」いいえ違います。痛みに関係するからです。痛みとは?まず足の小指をタンスの角に

固有受容器の過活動は慢性疼痛に繋がる

Hyperactivation of proprioceptors induces microglia-mediated long-lasting pain in a rat model of chronic fatigue syndrome.Masaya Yasui, Yuki Menjyo, Kyohei Tokizane, Akiko Shiozawa, Makoto

真皮に発芽する異所性の交感神経線維は疼痛に関与する

Sympathetic fibre sprouting in the skin contributes to pain‑related behaviour in spared nerve injury and cuff models of neuropathic pain.Francisney P, Nascimento,Claire Magnussen, Noosha Y

ドーパミンが後角で侵害受容を抑制する。

ドーパミンが後角で侵害受容を抑制する。脊髄の後角は、一次侵害受容入力が局所回路によって、および脊髄上核に中継される前に下降するシグナルによって調節される疼痛経路における最初の中継局を表す。ドーパミンが一次侵害受容Aδ-およびC-線維シグナルを調節できるかどうかを決定するために、L4刺激時の大型ラミナIニューロンおよび逆行性標識脊髄傍気管ラミナI

低酸素状態が神経障害性疼痛に寄与する。

低酸素状態が神経障害性疼痛に寄与する。神経損傷により、低酸素状態が進み、それがより多くの酸素を必要とする状況を生み出すという研究があります。