いくつかの整形外科手術による痛みの減少はプラセボ効果によるもの。

いくつかの整形外科手術による痛みの減少は、プラセボ効果によるもの。

新しいペインサイエンス系の論文を紐解いていくと、構造の変性(関節唇、椎間板、ヘルニア、狭窄症など)は加齢によるものであり、痛みとの関連性は低いと言われています。

そういった構造への整形外科手術とプラセボ手術を比較したという研究がいくつかあります。

これら研究がサイエンスから見て妥当性が高いということになれば、いくつかの手術は不必要だと言えます。

果たしてどのような研究があるのでしょうか?

まずは膝についての研究をご紹介していきます。

 

続きはnoteにて