プレガバリンは線維筋痛症の10人に1人しか効かず、副作用は約80%に起こるという論文。




    プレガバリンは線維筋痛症の
    10人に1人しか効かず、
    副作用は約80%に起こるという論文。

    プレガバリンは線維筋痛症の10人に1人しか効かず、副作用は約80%に起こるという論文。

    プレガバリン/リリカについての論文と、信頼性が高いと言われるコクランシステマティックレビューの論文を取り上げます。




    ◆研究

    プレガバリンやガバペンチンは、帯状疱疹後神経痛や糖尿病性末梢神経障害などの神経障害性疼痛を持つ一部の人には、第一選択治療として有効である。

    それらは腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、または一時的な片頭痛には効果がなく、これらの症状に対する適応外使用は推奨されない。

    コクランレビューによる高品質のエビデンスに基づき、プレガバリン(1日あたり300~600 mg)を服用する中等度から重度の線維筋痛症患者の10人に1人は、12~26週間で痛みが30~50%減少する。

    線維筋痛症におけるガバペンチンのエビデンスは、試行回数が少なく、入手できるエビデンスの質が非常に低いため不明である。

    腰痛のためにプレガバリンを5年ぶりに中止した患者は、「プレガバリンを完全に止めるのに3週間かかりましたが、そのおかげでだいぶ楽になりました。腰痛はあまり変わっていませんが、眠気が少なくなり、仕事ができるようになりました。」

    Pregabalin and gabapentin for pain

    Stephanie Mathieson research fellow , Chung-Wei Christine Lin professor, Martin Underwood professorSam Eldabe professor .

    この研究から、プレガバリンはプラセボと比較して鎮痛効果が無く、副作用も大きいということが分かります。




    ◉ お気軽にリツイート&シェアお願いします ▼

    関連コラム