仙腸関節はわずかにしか動かず、検査のエビデンスはない

仙腸関節はわずかにしか動かず、検査のエビデンスはない

仙腸関節とは、腸骨と仙骨の間にある関節のことで、仙腸関節障害や骨盤の歪みという言葉でよく使われています。

しかし、仙腸関節は実際動くのでしょうか?また疼痛がある人とない人で違いはあるのでしょうか?いくつか参考になる論文が答えを教えてくれます。

この論文では、回転、平行移動共に1mm弱だけ動いたとのことです。

 

続きはnoteにて