腸内細菌叢と痛みの関係・線維筋痛症・低炭水化物食

腸内細菌叢と痛みの関係・線維筋痛症・低炭水化物食

近年、腸内の細菌叢が様々な病気の原因ではないかという主張が見られるようになってきました。

脳腸軸や脳腸相関など、腸と中枢神経・自律神経の相関関係の重要さが言われてきています。

さらに慢性疼痛や線維筋痛症患者にも腸内細菌叢の変化がみられるという研究も出てきました。

徒手療法や運動療法だけではなく、日常の食生活の改善によって痛みの軽減が起こる可能性も示唆されています。

続きはnoteにて