遅発性筋肉痛は筋紡錘の神経圧迫によるもの

遅発性筋肉痛は筋紡錘の神経圧迫によるもの

遅発性筋肉痛とは、慣れていない運動や急に激しく動いた後、数日経って遅れてやってくる筋肉痛のことです。

それにより、痛みや腫れ、可動域の減少などが起こります。

一般的な原因として、筋繊維の損傷や炎症、結合組織の損傷、乳酸など色々言われていますがはっきりと分かっていないのが現状です。

ところが最近、遅発性筋肉痛は筋紡錘の軸索が圧迫されたから起こる現象という研究が出てきました。

 

続きはnoteにて