CT線維はオキシトシンを放出させ鎮痛効果を起こす

CT線維はオキシトシンを放出させ鎮痛効果を起こす

CT線維は、C-Tactile/触覚線維という意味があります。

C線維といえば、無髄、つまり信号伝達が遅く、侵害受容を伝える線維が有名です。

しかし、このCT線維は、侵害受容と反対の好ましい情報を中枢へ伝える神経線維です。

皮膚に優しく触れたり、ゆっくり撫でる無害な刺激により、CT線維は反応して、中枢からオキシトシンという物質が放出されます。

 

続きはnoteにて