クラニオセイクラルセラピー/頭蓋仙骨療法の効果は、頭部皮神経と神経系への影響によるもの

クラニオ・セイクラルセラピーの効果は
頭部皮神経と神経系への影響によるもの

動画で解説希望の方はコチラ

脳脊髄液

脳脊髄液(CerebroSpinal Fluid/CSF)とは、脳室、クモ膜下腔、脊髄くも膜下腔、にある細胞外液です。脳や脊髄の保護などの役に立っています。髄液や脳漿とも言われています。

クラニオセイクラルセラピー 頭蓋仙骨療法

Cranio-Sacral Therapy (CST) /頭蓋仙骨療法とは、脳と脊髄の周りの脳脊髄液の循環を促し、脳や脊髄への酸素・栄養供給、老廃物の排泄を行うという徒手療法です。

 

一次呼吸または頭蓋仙骨リズムと呼ばれる、固有のリズムがあり、1分当たりと1~6サイクルで循環しているとされています。

頭蓋仙骨セラピストは、指でこのリズムを感じるように訓練されています。

セラピストはそのリズムに「変化」を見つけた場合、それを特定のテクニックのやさしい圧力5~20gによって、「調和させる」ことが可能だと言われています。

脳の硬膜と脊髄と仙骨は可動性があり、リズミカルに変動していて、一次呼吸と合わせて全身で触診できると言われています。

そのリズムが乱れると、健康にさまざまな影響をもたらすというのが、頭蓋仙骨療法・クラニオセイクラルセラピーという徒手理論です。

しかし、下記論文や研究をみていくと、科学的根拠が曖昧であることと、徒手療法でそこまで影響を与えられるのか?という所に疑問があります。

続きはnoteにて