コラム

保護中: PNF/METなど等尺性収縮後弛緩アプローチは相反抑制によるものではない

    相反抑制理論とは?ある筋肉を収縮させると、拮抗筋と言われる反対側の筋肉が弛緩します。そのおかげでスムーズな関節運動が起こります。これを相反抑制と言います。例えば腕の上腕二頭筋を収縮させると、反対側の上腕三頭筋が弛緩するということです。等尺性収縮とは?

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

    関連コラム