骨格には個人差と左右差があるのでランドマークとして疑わしい。

骨格には個人差と左右差があるので、ランドマークとしては疑わしい。

骨格というものは人によって違いますし、同じ人でも左右差があります。

例えば股関節臼だったり、骨盤上端の高さの左右差だったりと。

つまり、骨をランドマーク/指標として、運動指導や徒手療法を行うことには無理があるという事です。

 

続きはnoteにて