おすすめ本・神経系やペインサイエンス本のリスト

おすすめ本・神経系やペインサイエンス本のリスト

DNMJAPAN代表の岩吉が個人的におすすめする本をリストにしてみました。

お役に立てれば幸いです。

◆デルモニューロモジュレーティング第2版

絵のサイズが大きいペーパーバック版をお勧めします。

◆Dermo Neuro Modulating/英語版

ハードカバー版かっこいいです。

◆Peripheral Nerve Entrapments: Clinical Diagnosis and Management

皮神経も多く載っています。

◆Tunnel Syndromes

絞扼障害について。

◆Anatomy: A Regional Atlas of the Human Body

皮神経が乗っている絵はイメージしやすいです。

◆リハビリテーション解剖アトラス

皮神経が多く載っています。

◆人体の正常構造と機能 神経系②

パッとみる時に見やすい。

◆やさしい自律神経生理学―命を支える仕組み

読みやすい自律神経の本。

◆バトラー神経系モビライゼーション 

結構細かく末梢神経のことが書いてあります。

◆クリニカルニューロダイナミクス

上記バトラー本の少し応用編できな内容。

◆もうひとつの脳ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

グリアは慢性疼痛に大切。読みやすい。

◆慢性痛のサイエンス: 脳からみた痛みの機序と治療戦略

最近の日本語のペインサイエンス関連では一番良いかと思います。

◆疼痛の認知神経リハビリテーション

違う視点からペインサイエンスについて考えられる本。

◆情動はこうしてつくられる──脳の隠れた働きと構成主義的情動理論

情動が気になる方にお勧め。

DVD/ PAIN~神経生理学に基づく痛みのマネジメント~

ロリマーモーズリー氏の日本語つきDVD。

臨床に役立つ解剖学実習 1 上肢 (<DVD>)

末梢神経や皮神経の解剖の様子。

◆臨床に役立つ解剖学実習 2 下肢 (<DVD>

末梢神経や皮神経の解剖の様子。

操体法を神経科学から読み解く: 快適感覚は神経系へのアプローチ 

岩吉新 著

はじめての操体法セルフケア: 心地よい神経のストレッチ

岩吉新 著

ヨガとピラティスを神経から読み解く: 神経は動く

岩吉新 著

◆皮神経セルフケア

岩吉新 著

 


随時追加していきます!