プライベートレッスンを受講したご感想①

プライベートレッスンのご感想

 

Q:全て受講してみて素直な感想は?

A:今までは学んでいても半信半疑なことも多く、頭の中を混乱させてきたようです。

そんな時に知った「皮神経と末梢神経にアプローチする最新のペインサイエンスに基づいた徒手療法」。

本当に学びたいことに出会いました。

講座はいつも夢中になって身を乗り出して聞きながら、とても充実した期間を過ごせました。

今は基盤がしっかりと出来て心機一転した感覚です。

Q:DNMを実際使ってみてのご感想は?

A:習ったことを実践する度に、今までにない変化を多く見てきました。

DNMの基盤となるものは深くて広いですが、徒手でのアプローチはシンプルなものが多く、「これでいいんだ…」と不思議さの連続でした。

微弱で優しいタッチなので、施術を受けた方は、介入されてた感覚が残らずに変化を感じて頂けることが多いです。

施術中はすごく気持ちいいそうで、満足されている声が増えていくにつれて、やりがいも増していきました。

Q:具体的な反応で、話せる範囲内で教えてください。

A:今まで特に慢性的なお悩みの方など、それまでの施術では数回に渡って経過を見させて頂くことがほぼ常でした。

DNMを使ってからは、2度目にお会いした時に初回の主訴を言わない方が増えてきて少し戸惑うこともありました。

前回のことを聞くと「あ~、あれから無くなりました」と忘れてしまってる方もいました。

習得が曖昧に感じているアプローチを修正していただくごとに、早くに良い反応が現れるようになりました。5~10分後にお悩みの痛みが無くなった時などは驚かれます。

 

Q:DNMと今までの徒手療法との違うところは?

A:DNMの座学では、はじめにサイエンスに基づいた様々な「問題提起」からスタートします。

それについて受講者に深く考えさせ、頭の中を整理してから本題に入っていきます。

そのためなのか、素直に集中して本題に入っていけました。

理論が怪しい徒手療法ですと、講習中から疑わしさを感じていましたが、DNMではそういう感覚になることがなかったです。

今までの徒手療法とは基盤になっているものが異なるので、受講後に続く課題も他とは違ってサイエンス志向になりました。

アプローチではセラピスト主導ではないところや、タッチに限らず、把持する時や動かす時、声かけなども含め、全体を通して優しくゆっくりとした繊細な気配りが必要でした。

Q:皮神経についての学びはいかがでした?

A:初めは、これほど浅層に存在感のあるもの(それも神経!)が、徒手療法で無視されてきたということを認識して愕然としました。

プライベートレッスンでは毎回、講師の施術を受けるのですが、「それだけ?」と思うほどのわずかな感覚しかないので、「今まで何だったんだろう?」とパラダイムシフトの連続でした。

そんな体験を通じて段々と頭の中のマップが神経系が濃くなっていきました。

皮神経の情報を得るのは難しいですが、講師から講習終了後も沢山フォローがあるのでとても助かっています。

Q:ペインサイエンスについての学びはいかがでした?

A:ペインサイエンスに基づくと、まずはナンセンスなことをやめることから始まりました。

そこにより良いアプローチを加えていくうちにより好ましい反応が現れてくるのを実感しました。

近年、医療分野でも科学的な研究が劇的に加速しているので、徒手療法の学びが今後もサイエンスに基づかないものであり続けたら、いずれ加速して進化し続ける分野から見たら、信じられないくらい古さを感じるものとなってしまうだろうと気づかされました。

Q:講師についての印象は?

真摯で優しい方なので、とても安心できました。

講習中もカインドネスの実践者ですから、受講者も癒されてそれも学びになってしまいます。

いつも難しい内容を要約してまとめてくださるので、その整理された内容を集中して聞いているうちに、だんだんと自分の頭の中の混乱が整理されていきました。

講師からは講座の内容以外でも啓発的な影響を多く受けたので、モチベーションも高まりました。ありがとうございます!

Q:これからメイン講習を受けようかと思っている方に一言。

私はDNMのサイトを読み、体験会は参加せずにメイン講習を受けました。講習後もフォローがあるので、学ぶ楽しみも続きます。

事前にも書籍や沢山の情報があるので安心です。予定が立つ方はすぐにメイン講習に参加してみてください。