変形性膝関節症のための膝関節鏡手術はプラセボより効果がない。

変形性膝関節症のための膝関節鏡手術は、プラセボより効果がない。

変形性膝関節症とは、歩行時や階段を上り下りするとき、または正座が痛くてできないなど、膝の痛みを感じる症状のことです。

膝の軟骨が変性したり擦り減ったりすることで痛みが出ると言われています。

それに対して、整形外科では関節鏡視下手術を行うことがあります。

関節鏡という小さなカメラのようなものを膝関節に刺し、軟骨や半月板のささくれや増えた骨膜などを除去したり、綺麗にする手術のことです。

しかし、下記研究では、プラセボより効果がなく、予後も悪いという結果があります。

続きはnoteにて