皮膚伸張や腱振動による運動錯覚には鎮痛効果がある。

運動錯覚と鎮痛

運動錯覚とは、実際には動かしていないのに動いているように感じる錯覚のことです。視覚の錯覚や、運動錯覚によって、鎮痛効果が起こるという研究があります。

これは鏡を使った視覚による実験です。痛みのある手や指を鏡を使うことで長く見せたり短く見せたりすることで運動錯覚が起こり、痛みが軽減されました。

続きはnoteにて