皮膚感覚は運動感覚に寄与している。

皮膚感覚は運動感覚に寄与している。

ある動きを行うときに、筋紡錘やゴルジ腱器官からのフィードバックが起こることはよく知られています。 身体の固有受容感覚として、四肢の位置感覚や重さの感覚を中枢神経へ伝えることで、動きをコントロールしています。

しかし、同じくらい皮膚の感覚は重要なものです。

皮膚(浅筋膜層)の滑走性や動きやすさ、皮神経の絞扼などによる痛みなどにより、皮膚感覚に影響を与えることは十分に考えられます。

このような研究があります。

遅順応型の感覚受容器(閾値が高く順応が遅い)が関節の動きに関する情報を伝えています。

続きはnoteにて