エコー下筋膜リリース

エコー下筋膜リリースによる効果は筋膜の癒着を剥がしたからではない。

関連動画

エコー下筋膜リリースによる効果は
筋膜の癒着を剥がしたからではない。

超音波エコーを見ながら筋膜の癒着を探し出し、生理食塩水を注射することで、疼痛の軽減や可動域の増加を起こすという方法があります。

皮膚層解剖学

上図の浅筋膜や深筋膜です。

しかし、筋膜の癒着と疼痛に関連性があるのでしょうか?

またエコー下で見られる、筋膜の癒着のような状態は本当の現象なのでしょうか?

まずは言葉の意味を調べていきます。

エコー下筋膜リリースとは?

超音波エコー下で生理食塩水などの液体を注射で注入し、癒着した筋膜を剥離すると言われています。

エコー下筋膜リリース

可動性の改善、肩こりや腰痛などの痛みや痺れの改善が起こり、別名ハイドロ(水)リリースとも言われています。

筋膜の癒着

続きはnoteから