非特異性腰痛の原因③中殿皮神経の絞扼と仙腸関節障害

非特異性腰痛の原因③中殿皮神経の絞扼と仙腸関節障害

非特異性腰痛が85%であり、心因性が多いと言われています。しかし画像に映らないからと言って、本当に全てが心理的な問題なのでしょうか?

皮神経の絞扼は、MRIなどの画像所見で発見することは困難だと言われています。

中殿皮神経とは?

S1〜S3由来の脊髄神経後枝の皮神経です。臀部の仙腸関節付近から外側に向けて

 

中殿皮神経障害

中殿皮神経が、長後仙腸靭帯下を通過するところで絞扼されることがあります。

その時、腰痛と脚の痛みや痺れなどの症状が起こります。それは立位や長時間座っていること、また歩行で痛みが増します。

その症状は、仙腸関節障害と呼ばれるものととても似ています。

ちなみに下記論文を書かれた青田先生は、DNMを受けに来て下さったことがあります。

続きはnoteからお願いします。